社長ブログ

サンエム建設の写真

H27年度 地域型グリーン化事業

2015年7月3日

 

CIMG0171.JPG昨日(7/2)、今年度の新築に関する補助金制度の概要の話で、会合に出席しました。

長期優良住宅の場合:最大120万円の補助金給付
低炭素住宅の場合:最大120万円の補助金給付(今年度より)
ゼロエネルギー住宅の場合:最大185万円の補助金給付(今年度より)

今年度、この補助金額は満額出そうにもないような感じです。
CIMG0156.JPG
理由は、以前にも書いたと思いますが、この補助金制度、年間約50棟以上住宅を建てている工務店、建設会社には適用になりません。ですから、今までなかなか一般ユーザーはもちろん、地場の中小工務店に浸透しなかったんです。(昨年度までは)補助金制度を使えない業者が宣伝するわけがないので、一般ユーザーも知らない方がほとんどでした。
※補助金制度を使う工務店・建築会社は、地域型グリーン化事業に登録したグループ(全国で250グループぐらいあるらしいですが)に入っていないと使えません。

それがなぜか、少しずつ浸透していったのか、「その補助金制度、お客様に提案したい!」という工務店が一気に増えて、去年と比べて1.5倍くらいのグループ数になってしまったんです。
でも、国の今年度予算は変わらないので、当然1グループあたりの割り当て補助金額が少なくなるという、予想もしなかった状態になってしまいました。

正式には、各グループごとに発表があると思いますが、最大120万円の補助金給付額はなさそうです。