社長ブログ

サンエム建設の写真

土地のカタチをいかして、自分styleの家づくり

2017年1月28日

家を建てるにあたり絶対必要なものは土地!家を建てるにあたり絶対必要なものは土地!
当たり前ですよね。
でもその価格は、土地の形状、道路からの高さ、日当たり、接道状況によりさまざま、人気のある地域、あまり人の住んでいない地域によっても違います。
やっぱり家づくりと言えば、家が基本!! できれば土地の購入費用を抑えて、家の建築費に充てたいものです。

『同じ土地は二つとない』と言われています。

・変形した土地
・傾斜地の土地
・狭小地
・旗状敷地
・北道路に接した道路
・道路から見て細長い土地

等々挙げればきりがないですね。
日本の土地は、30坪~40坪程度の広さが一般的、だから日当たり重視の傾向があるので、南道路に接した土地が高いのは常識です。東道路と南道路(東南の角地)に接した土地は一番高いと言われています。

でもそれ以外の土地でも、PLANの工夫次第では、土地形状や接道状況によりいろいろな自分styleの家を計画することは可能なので、あきらめずに家づくり計画を考えてみよう。
家づくりって、うきうきして楽しいですよ!

http://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/tochi/tochi_other/tochi-katachi/