社長ブログ

サンエム建設の写真

2019年2月10日(日)構造性能体感会 開催!

2019年1月22日

高温多湿な日本では快適に過ごすためデコスドライ工法がオススメです

2019年2月10日構造見学会開催

今回の見学会は、家にとって大事な骨組みを見ていただく構造見学会ですが、それと同じぐらい大事なことは家の中の湿気。
高温多湿な日本の気候にとても良く合うセルロースファイバー断熱材の施工後を直接見ることができます。
冬は結露、夏は室内の湿気がカビやダニの発生原因にもなり、子供たちのアトピーや喘息に悩まれている方も多いのではないかと思われます。
そんな悩みを改善してくれるかもしれないセルロースファイバー、完成してからだと見ることができない断熱材、今後の家づくりの参考にしてください。
もしよろしければ・・・

 

デコスドライ工法

快適な生活をするために、湿度40%〜60%が最適と言われています。
湿度が不足すると風邪やインフルエンザが体内に入りやすくなり、肌荒れやかゆみの原因に。
湿度が高くなるとカビやダニの発生原因になり、家の柱や建材にも悪影響を及ぼすとともに、シロアリ発生の原因にもなります。


住環境においては、断熱材が湿気対策の決め手です。
さらに木の家にこだわるなら、断熱材も天然の木質繊維(セルロースファイバー)を使った「デコスドライ工法」をおすすめしています。


デコスドライ工法の違い

 

家づくりを勉強できるチャンスです!
是非 お気軽にご来場ください!

日時:2019年2月10日(日) 12:00〜16:00頃
場所:埼玉県川越市藤間1110

お問い合わせ・ご予約 TEL 049-264-3170