家づくりに役立つコラム

サンエム建設の写真

なぜハウスメーカーは工場で大量生産された建築資材を使うのか?

2017年2月21日

結論から言うと安価でねじれたり変形したりしないからです。

ハウスメーカーではたくさんの住宅を造っています。ですから安いのはもちろんですが、ねじれ たり変形したりしない製品を使いたいのです。それは、クレームの数を減らすためです。そしてもう一つが、使用資材(材料を)統一することにより、住宅の規格化、統一化をしています。
そうすることにより、職人との打合せの回数が減らせ、施工ミスも少なくなるのです。

例えば年間 1,000 棟建てているハウスメーカーが、変形しそうな製品を使って30パーセントのクレームが出たとすると、300棟のクレームになり、それを処理しなければなりません。これは大変な労力になります。
それと、たくさんの大工さんに木工事を任せていますが、その大工さんたちも、全員が匠の技を持った人たちではないと思います(これは正直な話ですが・・・)。
大工さん一人ひとり技術レベルは違うはずです。そうなると、非常に書きずらいですが、腕の良い大工さんに当たれば『ラッキー!』と言えますが、 そうでない場合には・・・

昔から、建物の良し悪しは7割が大工の腕で決まると言われています。ですから、そういう腕の良し悪しをなるべくなくすために、簡単に取り付けられる部材、反らな い曲がらない部材を使いたいのです。 今の大工さんは、カンナを使わない、ノミを使わない、(手で引く) ノコギリもほとんど使わない、 そういう仕事をしている事が現状です。

職人不足の今、ある意味仕方のない事かもしれませんが、実際あなたが家を建てようと思った時に、どんな大工さんに頼みたいですか?

答えは明らかですね!