家づくりに役立つコラム

サンエム建設の写真

ゼロエネルギーの家:太陽光発電

2017年2月21日

今世界中で、干ばつ、異常気象、海面水位の上昇、伝染病の拡大、生物の絶滅など、取り返しのつかない被害が危惧されています。その被害を真っ先に受けるのは島国や発展途上国と呼ばれる貧困層を多く抱える国々ですが、日本も決して例外ではありません。この原因としては、全世界でCO2の排出により地球温暖化が加速し、気候変動が大きく変化をしてきたことが原因として挙げられます。

2016年の11月に国連気候変動枠組条約(COP21)パリ協定が結ばれ、世界中でCO2排出制限をより一層厳しく行い、地球環境を大切にしていこうと各国が合意しました。

今まではアメリカやロシア、中国などの大国が不参加をしていましたが、今回の条約は大国も合意した条約になりました。

日本もいち早く手を挙げてCO2の排出制限に取り組んでいますが、建築物の断熱性能を各国と比較してみると、先進国の中では最低レベルクラスです。ドイツと比べると10年以上も遅れています。

ソーラー住宅

ゼロエネルギー住宅(ZEH)という言葉は、ほとんどの方は聞いた事があると思います。
簡単に言えば、自分の家で消費したエネルギー(-)と、自分の家で作りだしたエネルギー(+)の合計が0になる事です。作りだすエネルギーと言えば代表的なものに、太陽光発電、風力発電、地熱利用等があげられますが、住宅としては太陽光発電で電気を作りだすことになります。

弊社では、ゼロエネルギー住宅の施工を率先して取り組んでおり、いろいろな経験を検証し、長年の試行錯誤により、皆様の手の届く価格で提供できる超高性能住宅が完成しました。

これからは、超ZEHの家でエネルギーを消費しない家で暮らしましょう。